人災と天災

生きていると嫌なことはたくさんある。

その多くが人間関係から生じるものだったりする。

理不尽な言葉や不条理な場面に直面することもある。

その度にぼくは無力感や、やり場のない怒りを感じる。

ずっと昔に受けた屈辱が、未だに思い出すたび身を切るようにぼくを苦しめることもある。怒りに身を震わせることもある。

 

しかし最近ぼくはこう考えるようになった。

人間関係から生まれる苦しみ、いわば「人災」は、ぼく自身がどうにかコントロールしようと思うからいつまでも苦しいのではないか。

人災を自分自身ではどうにもならないもの、「天災」と同様にとらえればあきらめもつくのではないだろうか。

地震で家が壊れたとして、台風で車が流れたとして、むろん悲しい出来事ではあるが、地震や台風に対していつまでも真剣に怒りを感じる人は多くないだろう。

それは地震や台風が基本的に自分の力ではコントロールしようがないものというあきらめがあるから。

 

人間関係も同じじゃないだろうか。

同じ人間だからといって他人をどうにかできる期待があるから、そうじゃないときにしんどい。

反省してほしいとか、謝ってほしいとか、悔い改めてほしとか。はたまた不幸になってほしいなんて、無理な話で。

 

天災に例えたのにはもうひとつポイントがある。

「完全に避けることはできないが、予測し備えることができる」ということだ。

地震も台風も絶対に遭わないことは難しい、この地球に住んでいる限り。

けれど地震が起きやすい地域や台風が通る道はデータとして残っている。

それを見てその地域を避けて住むことや、有事に備えることはできる。

人災も同じではないだろうか。

渡世をつづけるに人とのかかわりは避けることはできない。

けれど経験から(その”経験”を得るためのプロセスもまた困難をともなうのだけれど)居心地のいい距離感や人やコミュニティを選ぶことはできる。

最近ではセーフティネットとして複数のコミュニティに属することもできる。

 

そんなふうに人災を天災と同じような視点で捉えるように意識してから、ぼくはすこし楽になった。

過去の嫌な出来事が浄化されていくのを感じた。

みぞおちの辺りに淡い悲しみの澱のようなものを残して。