アングラ・サブカル・水たばこ

「水たばこ」をご存知だろうか。
別名シーシャ(shisha)やフッカー(hookah)とも呼ばれる。
シロップ漬けにし香料でフレーバーを付けたたばこの葉を炭で熱し、その煙を水にくぐらせてから吸引する構造だ。
フレイバーは実に豊富で、ミントやカルダモンなどのスパイス系、グレープフルーツやザクロなどのフルーツ系、コーラやモヒートなどのドリンク系などよりどりみどりだ。
こうして文章で説明するだけではわかりにくいと思うので、ぜひググって写真なり動画なりをご覧いただきたい。

水たばこ(シーシャ) | JTウェブサイト

で、ぼくはこの水たばこというものをすごく気に入っている。

多いときは毎週、今でも月に1、2回はお店に足をはこんでいる。
水たばこは器具さえそろえれば自宅でも吸えるが、少々場所を取るし手間もかかるので、お店にでたのしむ人がほとんどだ。
(逆に水たばこの趣味が高じてお店を開いちゃう人もいるみたい)
料金やその他サービスはお店によって異なるが、都内だとフリードリンク付のチャージ料金が800円前後、そこに水たばこ1,000円ほど、合計2,000円もあればたのしめる店が多い。
2,000円でなにができるかというと、水たばこを吸いながらダラダラできるだけなんだけど、それが実にいい。
何も考えずにぷかぷか煙をくゆらせているだけ。
水をくぐらせるおかげでニコチンもタールも通常のたばこよりはごく少量になっているとはいえ、吸っているうちにじんわり効いてくる。
ペースを考えずにぷかぷか吸っても最低1時間は十分たのしめる。
また多くのお店ではアルコールもふくめ、香りの強くない飲食物であれば持ち込み自由となっている。
またWi-Fiボードゲームを用意しているところも多い。
ラップトップを持ち込んで水たばこを吸いながらカタカタやっている人もよく見かける。
かく言う自分も水たばこを吸いながらよくブログを書いている。
ニコチンのおかげであんまり頭がはたらかないし、作業がはかどるかっていうと必ずしもそうじゃない。
でもアングラでサブカル感あふれる水たばこ屋さんで作業していると、なんだかインスピレーションが生まれそうな気がしちゃうんだよね。
紙巻たばこはほとんど吸わなくなって2年くらい経つけど、水たばこはこの先もずっとお世話になるだろうなあと思ってるぼくです。(了)