ここからはじまる

何かがはじまる

Uber EATSで事故った話をするよ

かねてからブログにも書いてるけど、ぼくはUber EATSで配達員をしている。
昨日は本業の方がオフだったから、お昼ころからアプリを起動して配達していた。
(ちなみに土日はブーストといって、配達報酬が割り増しになるからとてもおいしい)
で、2件目の配達を終えて、次の配達のために指定のレストランに向かってるときの出来事。
正直言って突然のことだから詳細は記憶にない。
ぼくが車道の左側を自転車で走行していると、やぶからぼうに左側の歩道からママチャリに乗った女性が飛び出てきた。
たしかスマホをいじっていたと思う。
ああいう瞬間てあれだね、とっさのことで声も出ないもんだね。
当然ベルを鳴らすま間もなく相手の自転車の前輪にぶつかった。
幸いなことに相手はスピードを出しておらず、こちらもブレーキを効かせたおかげで、ぼくはうまい具合にジャンプして着地して事なきを得た。
こうやって書くと曲芸じみたイメージが浮かぶけど、ぶつかったとき相手の自転車が倒れて、ぼくの自転車はつんのめって、かつぼくの自転車はミニベロという小ぶりなタイプだったので、気づいたらサドルをピョンと飛び越えて着地していた。
一部始終を目撃した通行人から「信号無視だー!」とヤジが飛んできた。
どちらに向けて発せられた言葉なのか定かでない。
衝突した地点には横断歩道も信号もなかったから。
ぼくは唖然としてしまい、とりあえず倒れた自分の自転車を引き上げていると、相手の女性は「すみません」とつぶやいて自転車でどこかに去ってしまった。
一応連絡先を交換した方がいいかとか、警察呼んだ方がいいかとかぐるぐる考えていたけれど、結局それっきり。

ぼくは何事もなかったかのように配達にもどった。
幸いこちらにはケガもなかったし自転車も無事だった。
相手もあの様子だと(おそらく)なにも被害をうけていないはずだ。
というわけで昨日の事故の一部始終はそんな感じ。
で、ここに今更新しく得られた教訓はなにもなくて、広い視野を持って安全運転をしていこうという再確認だけだ。
とはいえこれをきっかけに自転車事故保険への加入を考えている。
ただUber EATSの配達員て個人事業主の扱いで、配達中の事故は通常の保険じゃ適用できないらしく…。
調べてみていいのがあれば早急に加入するつもり。
そんときはまたブログに書きます。
きっとなあなあで入ってない配達員いっぱいいるだろうし、シェアできたらお役に立てそうだしね。(了)

追記:昨日の配達自体は大変好調で、こんな感じだった。

f:id:until32:20170724232707p:image

引き続きがんばるぜい。