ここからはじまる

何かがはじまる

お金を稼ぎたいです

お金を稼ぎたい、もっともっと。

最近切実に思う。
ぼくはもともとお金を稼ぐことに対する意識が希薄だった。
最低限の稼ぎさえあれば、そこそこたのしく生きていけると信じていた。
それもひとつのライフスタイルだろう。
しかしここ数ヶ月でその意識が変わりつつあるのを感じる。
理由①同年代でぼくよりずっと稼いでいる人間に会い、彼の生き方に魅了された
理由②現職に転職をし、給料が10万円近く上がったことでお金があることのよさに気づいた

理由①についてくわしく。

彼とはちょっとしたきっかけで知り合った。

広告代理店ではたらく彼のくわしい収入は知らない。

ただおいしいお店に精通し、毎月のように海外旅行にいっていた。

普段は年上の余裕ある大人たちと一緒にいることが多いらしく、鷹揚とした雰囲気に圧倒されてしまった。
月並みだけど、そんな理由。
ぼくももっといろんな人と会いたい。
いろんな場所に行きたい。
この目でたしかめたいことがいっぱいある。
そう強く思った。

理由②についてくわしく。
前職の給料が低かったこともあるが、転職したことで給料は10万ほど上がった。
かつシェアハウスに住み、自炊をはじめたことで食費なども抑えられ、ずいぶん生活に余裕ができた。
おかげで娯楽や人付き合いにつかえるお金が増え、刺激を受けるについけ、もっともっとという欲が生まれた。
そんなところ。

30代前半までに一千万の大台に乗りたい。
ところでぼくにはお金を稼いだらまずやりたいこと(やるべきこと)が3つある。

①300万の奨学金を返済すること

ずっしり重い300万。心理的足かせとなっているのが正直なところ。まずこいつをさっさと片付けたい

②両親に100万円をわたすこと

ポンコツなぼくをビッグな愛をもって育ててくれた両親に、感謝のほんの一部として。なかなか帰れないけれど、こうやってわかりやすい形でも恩返しをしていきたい

③大学時代の研究室に100万円を寄付すること

ポンコツなぼくを最後まで見捨てず、叱咤激励して卒業させてくださった大恩師に。未だに頭が上がりません

この3つの目標達成には、使命感といってもいいものを感じている。
がんばるぜ。(了)

***