読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここからはじまる

何かがはじまる

記念すべき10回目の引っ越し

ぼくは本日をもって引っ越しました。
といっても、今まで住んでいたシェアハウスのドミトリールーム内でベッドを変えただけです。
引っ越しというよりベッド移動と言ったほうがしっくりくるかも。

住所としては、ベッドの位置をあらわす部屋番号の末尾のアルファベットが変わっただけ。

広義の引っ越しというところでしょうか。
数えてみると今回がぼくにとって通算10回目の引っ越しでした。
長野➔種子島➔長野➔名古屋➔函館➔宇都宮(市内で1回)➔東京(杉並➔目黒➔中野➔中野)
もはやジプシーを名乗りたいぜ。

今回の引っ越しにいたっては移動距離5メートルなので、たんすを引き出しごと交換したり、服をハンガーごと移したりと30分で済みました。

 

なにが面倒くさかったかっていうと住所変更です。
住民票、転居届(郵便)、銀行×3、クレジットカード×2、奨学金Amazon楽天コンタクトレンズ定期配送先、SIMカードWi-Fi
杉並時代から変えてないものもあったんで、この際全部変更しました。
トータル2時間くらいかかったぜ…。
変えなくても大きな問題にはならなそうなもあるけれど、たまーに届くハガキとか考えるとやっぱりね…。
せめてもの救いが、ほとんどがインターネット経由で住所変更できたこと。
銀行とかクレジットカードも実はネットできちゃうんですよね。
もちろん事前にオンラインバンキングだとか、ワンタイムパスワード発行の準備をしておく必要があるけれど。
これが店頭受付だったら何日かかったことだろう…いい時代になったもんだ。
残すはジムと運転免許証と狩猟免許(実は持ってるんです)。
近日中にやっつけるぜ~。

 

話変わって、以前シェアハウスのドミトリールームに住む上で、どのベッドを選ぶかが大切だという話をしました。
今まで二段ベッドの上段に住んでいたぼくですが、今回下段に移動しました。
入り口から離れた(部屋の突き当りにある)二段ベッドの下段。
手数料¥5,000を支払ってまで移動した理由は以下のとおり。

  • 飲んだくれて疲れて帰ってきたときに、そのままベッドに倒れ込みたい
  • ベッドの縁に腰掛けて作業(PCや読書など)をしたい

下段はやっぱり、楽!

ソファー感覚でも使えるのが、上段と比べたときの一番のメリットかも。
とはいえカーテンレールに洗濯物をかけられなくなったことだとか、他人の足音が大きく聞こえることだとかは、避けられないデメリットですね、やはり。
ま、そのうち慣れるさ。
引っ越して数時間しか経っていませんが(ちょっと昼寝した)おおむね満足しとります。
またなにか発見があったらシェアします!