ハラガク

の、ブログ

学生時代こそ新生銀行をうまく活用すべきだったなあ…と後悔している話

ぼくは今現在、主に2つの銀行を使っています。

三菱東京UFJ銀行新生銀行。どちらも社会人になってから開設しました。

(大学時代は足利銀行っていう地銀がメイン)

 三菱東京UFJ銀行は会社の給与振込先の指定を受けてるから作りました。

一方新生銀行ATM利用手数料が無料という理由で作りました。

激提携ATMでも24時間365日、入出金がタダなんです。激アツかよ。

よーしこれでわずらわしいATM利用手数料から開放されるんだ!!!

と、思ってはみたものの、使ってみて数ヶ月、正直そうでもないことに気づいちゃったんですよね。

理由は2つあります。

①ぼくが基本的にクレジットカードもしくは電子マネーしか使わない人間であること

基本現金使わないんです、ぼく。現金をジャラジャラ持ち歩くのがわずらわしくて。

電子マネーが使えるというたったそれだけの理由から、吉野家じゃなくてすき家モスバーガーじゃなくてマクドナルド選んでるくらいです。

(厳密に言えば吉野家WAONが、モスバーガーはモスカードっていうプリペイドカードが使えるけど…。)

と、思ったら!モスバーガー、クレジットカードと電子マネーを導入するみたい!

やっとかよ!遅いわ!待ちくたびれたぜ!

話が横道にそれましたが、現金をあんま使わないからATMを使う機会が少なかった、ということがひとつ目の理由です。

三菱東京UFJ銀行のATMもそこら中にある

さすが東京、さすがメガバン。駅の構内とか街中とか至るところに三菱のATMがあるから、お金を下ろそうと思えばわりといつでも下ろせちゃうんですよね。

土日とか夜だとさすがに手数料かかるけど、そこまで不便を感じないという現実。

以上2つの理由から新生銀行の恩恵をそこまで受けられずにいます。

で、で、で!それらを踏まえて、新生銀行を学生時代に使ってれば、もっともっとその恩恵に与れただろうなと後悔してるのです。

なぜか。

まず学生時代は現金を使う機会が多いから

カードも持ってたけど、支払額も多くないから普通に現金を持ち歩いてました。

そんでもって、しょっちゅう飲み会があるじゃないですか、学生って。

もちろん割り勘、現金払い。しかも深夜に突如開催されて、参加したはいいけど手持ちがなくて急遽コンビニATMで引き落とし…もちろん手数料かかる…。

そんな流れが何度あっただろうか…。

で、特にぼくが行ってた駅弁大学があるような地方都市って、そもそもATMの数が少ないんですよ。

ぱっとお金を引き出したくても、自分の銀行のATMが近くにあることがまずない。それでやむなく最寄りのコンビニで、っていうパターン。

そんなこんなでぼくが学生時代にATM利用手数料という名目で納めたお布施はいくらになるんだろう…万いくかもな…。

というわけでぼくは地方の大学に通う大学生にこそ新生銀行をオススメしたい!

ただひとつ注意点を上げるならば、新生銀行日本学生支援機構奨学金の振込口座には使えません

※ 支援金の振込口座について
(1)申請者(学生)名義の普通口座のみとします。(本機構奨学金貸与中の場合は、原則として、奨学金振込口座と同一口座を指定してください。)
(2)次の金融機関等は取り扱いません。
農協、外資系銀行、ネットバンク等(新生銀行あおぞら銀行セブン銀行等)
(3)インターネット支店、一定期間取引がない口座(休眠口座)は不可。

(出典:申請要項 - JASSO

そして奨学金返還の際の引き落とし口座としても、使用不可です。

なので奨学金のうちから生活費分を毎月新生銀行に移すっていう使い方もありなのかなと。

今現在駅弁大学に在籍している学生の皆さんにはぜひ検討していただきたいです。

賢く節約した分を飲み会に回そう!