ハラガク

の、ブログ

引っ越せど引っ越せどわが暮らし楽にならざり

「引越し貧乏」という言葉がある。

引越し費用により金欠になることである。

ぼくはまさにこれだ。

東京に越してきたのが昨年2016年の4月。

当時は杉並に住んでいた。

翌2017年の2月に目黒に引っ越す。

目黒には1ヶ月しか滞在せず、3月には中野に引っ越す。

引越し先はシェアハウスだった。

さらにシェアハウスの中で一度部屋替えを行う。

シェアハウスには3月から9月いっぱいの7ヶ月間済んだ後、同じ中野内ではあるが引越しをした。それが10月のこと。

シェアハウス内の移動を引越しとみなすかは微妙(住民票などは変更する必要があったので引越しと呼べなくもない)だが、それを抜きにしても、この一年半で3回も引越しをした。

これまで住んできたのは親の知人が好意で貸してくれた物件や、友人とのルームシェア、シェアハウスなど敷金礼金等や家具家電などの初期費用が抑えやすいところではあった。

とはいえここまで頻繁な引越しを行うと(一応弁解すると、どの引越しものっぴきならない理由があってのことだ)身も心も消耗する。

杉並から目黒にレンタカーを使って引越した際には、自損事故を起こし7万円を支払うはめになった。

タイミングが悪く仕事を辞めたばかりだったぼくは泣く泣くリボ払いにした記憶は、今思い出しても胃がキリキリと痛む。やっとの思いで完済はしたが。

同年代と比しても平均よりちょっと多いくらいの稼ぎはあるのにどうしてこんなにお金が貯まらないのだろうと考えたが、これはどう考えても引越しのせいだ。

 

働けど働けど わが暮らし楽にならざり じっと手を見る

 

とは石川啄木の有名な短歌だ。

これって現代で言うところのワーキングプアだよね。

ぼくの場合引越し貧乏であり、ワーキングプアとはちょっとちがうような気がする。

となると「引越し=ムービング」ってことで、さしずめ「ムービングプア」とでも呼ぼうじゃない、なんて。(了)

ユニットバスってむしろよくないですか?

ユニットバスというものがある。

風呂とトイレが一緒になった間取りのことだ。

と、思ってググってみたら、厳密にはちがうらしい。

工場で生産・加工した部品を組み立てるだけでつくれる浴室。防水工事の必要がないため、工期を大幅に短縮できるメリットがある。ホテルやワンルームマンション向けにトイレが一体化したタイプや、戸建て住宅やマンション向けにトイレがついていないタイプがある。(2014-08-29 朝日新聞 夕刊 1総合)

(出典:ユニットバス(ユニットバス)とは - コトバンク

だってさ。まあいい、ぼくが今回書きたいのは風呂トイレ一緒のやつのことだから。

便宜的にそれをユニットバスと呼ばせてもらう。

 

周囲の人間と話しているとどうも「物件探しの条件はバス・トイレ別であること」とか「今は家賃節約のために、しかたなしにユニットバスの部屋に住んでいる」という人がけっこういる。

そんなにいやなものだろうか?

 

汚れを落としリラックスするための場所と、排泄するため場所を一緒にしたくないのだろうか。

でもユニットバスってむしろ清潔だと思うんだよね。

なぜならお掃除がとても楽だから。

便器をシャワーで洗えるし、立ちションして床を汚しちゃってもシャワーで流せるし。

シャワー中におしっこするのはありかどうか論争ってずっとあるけど、ユニットバスにおいてはもはやそんな議論はあってないようなもんだと思うんだよね。

だってユニットバスっていわば風呂付トイレじゃん。

この部屋の主たる目的はトイレでありバスタブはあくまで従属物だと考えればいいんだよ。

そう考えたらシャワーももはやウォシュレットじゃね?

 

って話を同居してる弟に喜々として話したら

「シャワーおしっこは百歩譲ってもシャワーウォシュレットとか頭おかしいのかぶっころすぞ」

って詰め寄られたのでもうしませんごめんなさい。

それでもぼくは好きだよ、ユニットバス。(了)

ほしいものシリーズ#1

チェキ

写真を撮ることが好きかというとそうでもない。

以前ソニーのミラーレス一眼を買ったことがある。

しかし大して使うこともなく(撮影したとしてもおまかせモードのみ)弟にあげてしまった。

NEX-5Rという当時のミラーレス一眼の中ではピカイチの性能のものだった。

(購入当時はそれでYouTuberじみたことをはじめよう思ってたのはまた別の話)

 

写真てこだわりはじめるとキリがなくて。

カメラの性能にこだわり、撮影のスキルを身に着け、高価な編集ソフトを購入して…と考えていると、なんだか萎えてしまう。

「できるだけいい写真を撮りたい」と考えているうちに「それならプロのカメラマンに任せればいいや」という気になってしまうのである。

じゃあ芸術という文脈の写真ではなくて、「思い出」としてのあくまで個人的なたのしみのための写真を撮っていけばいいじゃないか、と言われればそのとおりだ。

そしてその程度であればスマートフォンのカメラで十分なのである。

そんな思い出を残すため、あるいは写真を撮ること自体をたのしい思い出にできるのがチェキだと思う。

ぼくはチェキのデザインとギミック自体がすきだ。

何度見てもわくわくする。

たぶん買ったところでそんなに使わないだろう。フィルムも高いし。

けれどもせっかく購入したミラーレスを使わないのはもったいないけど、チェキの場合だとあまりそんなふうには感じないように思う。

それはチェキがミラーレスのように毎年新商品が出て相対的価値が下がっていくようなものではないからだろう。

チェキはインスタントカメラという一分野においてひとつの完成形だから。

優先順位が高くないけど、高くないからこそ、ほしくなっちゃうんだよなあ。(了)

今ぼくはこんな感じ

日時:2017年10月14日 17時15分

天気:雨

場所:リビング<家<中野<東京<日本

 

状況:昨夜から今朝にかけての夜勤を終え、帰宅し、6時間ほど眠って、目を覚まし、コーヒーを飲んで一息ついた今

 

ToDo

□昨晩炊いたご飯を食べちゃうこと

 

□眼科健診:コンタクトレンズの度数チェック

□歯科健診:ここ一年くらい行っていない

 

グリーンカード抽選プログラム応募:今年こそ応募してみたい

□メルカリ:キーホルダーとか細々としたもの、売れるもんなら売っちゃいたい

 

ToBuy

□洗濯機:2日に1回コインランドリーに行くことを考えたら買っちゃったほうが安い

 

□水たばこのパイプ:自宅でたのしみたい

□チェキ:ずっとほしいんだよね、買ったところで使うかわからんけど

□オーダーメイドスーツ:まず理想の体型にならないとだけど

 

行きたい場所

□アバクロ:実は行ったことがないし、持ってないぼく

□ルラボ:NY発、日本だと代官山に店舗をかまえる香水屋さん、超おすすめ。また行きたい

 

ふとい思いついて現在の自分のログみたいなものを書いてみる。

今日から謎の(希望休出してないのに)4連休だから、どこいこうか、なにしようかと。

たのしみっていうより途方に暮れちゃうぼくはやっぱりバカンス慣れしていない日本人なのかな。バリバリブログ書いたり、宣伝会議に応募したり、ワークアウト行ったりとか、有意義にすごしたい。本もいっぱい読みたい。

うずうずするっていうか立ち止まってる自分にいらいらする。

おもしろいこと仕掛けたいよね。

有名になりたいとかじゃなくて、世の中にジャブを打ち込みたい。

いいんだよ反撃されてコテンパンにされても。

あー意味わからん。

ツイッター的ブログ。(了)

気の向くままにタイピング

頭に思い浮かぶ/よぎるいろんなこと

言葉の/文章の欠片

思考の断片

どこにもつながっていない

結論めいたものすらない

 

我が家には机すらない

だから床に座り

キッチンにもたれかかってこの文章を書いている

よしもとばなな

 

こうして意味もない言葉を

思考の断片をつなげていると

タイピングしていると

なにかが生まれそうな予感がある

そんなことはないんだけど、往々にしてね

ぐるぐる同じところを堂々めぐりしている気分

 

雨が降っている

深まる秋

秋雨、ひとつの季節が過ぎゆく手応え/予感

 

こういう日は水たばこに行きたくなる

高円寺から引っ越してお気に入りだった水たばこ屋さんが遠くなってしまった

近所にあるだろうか

水たばこのためにわざわざ電車に乗るっていうのはなんだか奇妙に思える

 

弟がトイレで吐いている

朝方まで飲んでたみたい

人並みに飲めるけど翌日に響くっていうのはぼくと同じだな

 

そんな雨降りの土曜日の午後

こんなふうにしてそれっぽい文章が書けたらいいんだけどな(了)